logo
Home

湊かなえ 告白 映画 結末

湊かなえの小説を本田翼と山本美月主演で映画化したサスペンスミステリー。 高校2年の由紀と敦子は幼い頃からの親友同士。 転校生の紫織から「親友の死体を見たことがある」という唐突な告白を聞いたふたりは、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思い. . 出生地 熊本県熊本市 4. 告白では犯行を行った動機、背景は全て本人たちが告白してしまっているので、考察する余地は多くはありませんが、エンディングの「なーんてね」というセリフ含め森口先生の心理については考察する余地があったのでそちらをご紹介していきます。 あくまでも個人的な考察・解説なので、人によっては違った解釈に至るかもしれません。こういった見方もあるんだな程度に、一意見としてみて頂ければ幸いです。.

. 映画『告白』のネタバレあらすじ結末と感想。告白の紹介:年日本映画。湊かなえの同名ベストセラー小説を映画化したものです。愛娘を自分のクラスの生徒に殺された女性中学教師が、生徒たちを相手にその真相を告白、追究し、復讐するという. ここは退屈迎えに来て()/主演 私 役 4. 桜川高校2年生の敦子は毎日学校の裏サイトで自分の悪口を書かれていないかをチェックする。 敦子が周囲の評価にビクビクするようになったきっかけは中学最後の剣道の大会。 その決勝戦で敗れたことを学校の裏サイトで罵られているところを目撃してしまった敦子は有名私立・黎明館への剣道推薦を蹴り、今も周囲から浮かないように気を遣って過ごしている。 そんな敦子を見かねた親友の由紀は、敦子をモデルにした小説「ヨルの綱渡り」を書いて励まそうとしていた。 しかし、そんな友紀の小説は桜川高校の国語教師・小倉によって盗作されてしまう。 自称作家の小倉は由紀の小説を盗んで新人賞を受賞。 校内に掲載された文章を見た敦子は「由紀が書いた」と見ぬいたが、「自分はネタにされた」と感じ由紀の真意には気づかない。 一方、自分の小説が盗作された由紀は復讐するため、小倉のノートPCを持ち出す。 どうやら小倉は黎明館高校のセーラというあだ名の女子高生と付き合っているらしい。 それとは別に、由紀は全職員当てに全生徒の国語の成績表を添付したメールを送信する。 由紀は軽い復讐のつもりだったが、これが職員室で大問題となり小倉は自主退職。 数か月後、小倉は電車のホームから転落し、亡き人となった。 小倉のPCを由紀と一緒に見ていた敦子は、小倉によるセーラとの交際日記の一文に目が留まった。 「さすが黎明館のセーラは最高。桜川のクズどもとは違う」 頭にきた敦子は八つ当たりで黎明館の裏サイトに適当な悪口を書き連ねる。 「セーラは援助交際している。相手は盗作男」 盗作の一件で気まずい間柄になってしまった由紀と敦子は、転校生の紫織と一緒に行動するようになる。 紫織は言う。 「親友の遺体を目撃したことがあるの」 それを自慢のように感じた2人は「人の命の終わる瞬間」を目撃したいと思うようになる。 夏休み。2人はそれぞれボランティア活動をすることに。 敦子は老人ホームへ、由紀は小児科病棟へ。 目的は、人の遺体を見ること――。 老人ホームで敦子は高雄という男と出会う。 最初は敦子を避けるようにしていた高雄だったが、ある事件を機に打ち解けていく。 高雄は「ヨルの綱渡り」を持っていて、敦子に「それは君のために書かれた小説だよ」と諭した。 小説をちゃんと読み、由紀の優しさに気づいた敦子は涙を流す。 しかし、なぜ高雄は最初よそよそしい態度をとっ. 告白とは、だれかに秘めた思いを伝えること。 でも、こんな告白はごめんだわ。 これは、中学生と教師の最悪の復讐バトル劇である。 中学1年生の終業式。 こんな日まで牛乳を飲まされるのは、厚生労働省から乳製品促進運動のモデル校に選ばれてしまったからだ。 最後のミルクタイムが終わると、担任の女性教諭は告げた。 「私はこの今月いっぱいで教員を辞職します」 理由はみんなも知っている。 シングルマザーとして幼い娘をひとりで育てている女性教諭は、職員会議のある水曜日だけは、放課後に娘を学校に連れてきて保健室で待たせていた。その日、娘の愛美は学校のプールで死んでいた。プールに転落した事故死と判断されたが.

年本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラー小説を原作に、教え子にまな娘を殺された中学校教師の復讐(ふくしゅう)を描くミステリー。『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督がメガホンを取り、事件にかかわった関係者たちの告白によって真相が明らかになっていく緊張感あふれるドラマを作り上げた。『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』の松たか子がヒロインの狂気を体現するほか、『キラー・ヴァージンロード』の木村佳乃、『重力ピエロ』の岡田将生らが共演する。. さて、ここからがイヤミス・湊かなえの真骨頂。 小説「少女」の終章は冒頭の「誰のモノかわからない遺書」の続きとなっています。 冒頭を読んだ時には誰もが「これは由紀と敦子、どっちの遺書だ?」とミスリードされた遺書の謎。 終章ではその遺書を書いた主が紫織だと判明し、紫織は親友と同じように自分で自分の命を絶って物語はジ・エンド。 「えっ、なんで紫織がそんなことに!?」 実は小説「少女」の裏テーマは「因果応報!地獄へ落ちろ!」(認知症の由紀の祖母のセリフ) 物語の裏では由紀や敦子が気づかないうちに、ドミノ倒しのように不幸が連鎖していました。 そのドミノ倒しをスタートさせる一押しは、物語終盤の3人のやりとりから. 今回は、湊かなえさんの『告白』以外のおすすめミステリー小説をご紹介させていただきます。 湊かなえさんといえばやはり、映画も大きな話題となった『告白』が有名でしょう。 「娘は事故でなくこのクラスの生徒に殺された」という女性. 湊かなえの原作映画のおすすめは? 先ほどは、ドラマのおすすめ作品をご紹介しました! 今回は、 湊かなえさん原作 映画 でのおすすめ作品をご紹介していきます! 『告白』 ある学校で終業式を迎え、クラスごとにホームルームが行われています。. 告白は9年前に公開された映画とは思えないくらい、現代社会で問題となっているテーマを的確に指摘していて、その問題について考えさせられるような映画になっています。 湊かなえ 告白 映画 結末 ただ、物語の主軸となるはずの生徒達のキャラクターに魅力がなかったり、ミステリー作品としてのインパクトが弱いためか、個人的には少し不満の残る映画でした。 復讐の仕方やテーマ自体は好みのテイストだったので、できれば設定を変えてリメイクしてほしいと思う作品です。. ・「聖職者」が小説推理新人賞受賞 ・第6回本屋大賞受賞 湊かなえ 告白 映画 結末 ・文春ミステリーベスト10で第1位 ・オリコン文庫本ランキングで歴代1位を獲得。(文庫本発売時) ・読者1000人の「ベスト本」1位(丸善&ジュンク堂) ・年アレックス賞受賞.

松たか子主演の映画「告白」は、湊かなえのベストセラー小説を映画化した作品である。簡単にあらすじを紹介すると、この物語の主人公が松たか子演じる、シングルマザーの教師、森口 悠子だ。. 国籍 日本(ロンドン生まれ) 4. 。 まさに因果応報。 地味に由紀や敦子が知らないうちに他人の人生をめちゃくちゃにしているという点も、イヤミスらしいじっとりとした読後感を生みだしています。. 中島哲也監督を始めて知ったのは現在、公開中の映画「来る」でした。 代表作として「下妻物語」、「嫌われ松子の一生」、「パコと魔法の絵本」、「告白」、「渇き。」など有名な映画がたくさんありますが、ジャンル的に関心がなかったので、これまで観たことがありませんでした。 今回、映画「来る」は新機軸のホラーエンターテインメントとして最高に面白かったです。 岡田准一さんが主演されていますが、松たか子さんを初めとして出演者がみんなかっこよかった。 映画「来る」を観て、中島哲也監督の手法で目を見張ったのは、「人間」の表現の仕方でした。 人間の多面性の掘り下げ方、見せ方の両方がとても暴力的で、恐ろしかった。 ホラー映画をホラー映画たらしめている要素部分ももちろん怖いですが、それ以前に「人間も非常に怖い」と感じさせられました。 映画「告白」ですが、映画「来る」で表現された人間たちよりもものすごく人間が怖かったし、観ていて背筋が凍る思いをしました。 外面と本音の部分をうまくミスリードさせて、怖さを倍増させています。 復讐する森口先生も怖いですが、殺人を犯した少年 A, B、人殺しの息子をかばう母親、加害者の少年を集団でいじめる子どもたち全員が多面性を持っており非常に恐ろしい。 R-15指定(15歳未満禁止)の理由が分かります。 中島哲也監督のもう1つの映画「渇き。」には、映画「来る」に出演している妻夫木聡さんと、小松菜奈さんも出演しています。 この「渇き。」も人間の本質的な部分が見え隠れしていて怖かったです。.

生年月日 1996年1月12日 3. See full list on lastscene. 俳優 松たか子 2. 「愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたのです」 女性教諭は、愛する娘・愛美の死の真実をあばき、さらに犯人へ復讐を告白する。 教育とはなにか、罪とはなにかを説くように、淡々と娘の死とその真相を語る女性教諭は、母親というよりも感情をそぎ落としてしまったまるで告白マシーン。女性教諭の無感情に畳みかけられる語り口と、教室という閉鎖的な空間の中で少しずつ澱み重さを増してゆく不穏な空気に息苦しくなりながらも、ページをめくる手が止められない。 ホームルームの時間はとっくに過ぎたから帰ってもいいと言われても、この一言が犯人にはプレッシャーを与え、他の子たち(この本を読んでいる私を含めて)は、好奇心をくすぐられてもう途中では降りられない。この物語を支配しているのは、この威圧感と好奇心だ。(それは、湊かなえのミステリーに共通する) 女性教諭の告白はありえないラストを告げるが、その衝撃に心を整える時間も与えられず、また次の人の告白が始まる。女性教諭の復讐は、次の犠牲者を生み、解決を求めるほどに悲劇を生んでゆく。読み手を変えながら止まらずに肥大してゆく悲劇は、ここまでくるともう喜劇!まるでシェイクスピア! 感情を押し付けられる独白の息苦しさは、やがて、物語の結末を見届けなくてはという「もっともらしさ」にすり替わる。憎しみも愛も、好奇心も快感も、自分の中で処理しきれない感情は歪んだ正義感の後ろに上手に隠してしまえば、「社会」ではあらゆることが「アリ」になる。だからこそ、感情から切り離した「裁き」が必要なのだ。 しかし、理不尽に娘を奪われたとしたら私だって、法に頼らず制裁を加えたいと. 。. 俳優 木村佳乃 2.

人殺しに関わった生徒の母親。 父親は仕事で不在がちで、長女は東京の大学に通っており、息子とほぼ2人暮らし。 息子を溺愛している。 自分の息子は主犯の少年Aにそそのかされた被害者だと思っており、罪の意識は皆無。 1. 寄生獣 完結編()/村野里美 役. Amazonで湊 かなえの告白。アマゾンならポイント還元本が多数。湊 かなえ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. See full list on filmest. 湊かなえ 『告白』 双葉社(双葉文庫み-21-01)、年4月11日発行(年4月8日発売)、isbn.

湊かなえさんは、 湊かなえ 告白 映画 結末 1973 年 1 月、広島県の出身で、 年 11 月現在の年齢は、 47 歳となっています。 小学校時代、中学校時代には、江戸川乱歩さん、赤川次郎さんといったミステリー作家の作品をよく読んでいたという、湊かなえさん。. 『贖罪』『夜行観覧車』『リバース』など。様々な作品が映像化されている人気作家・湊かなえさん。 イヤミスと呼ばれる後味の悪い作品が多いのも特徴です。今回はそんな作者のデビュー作を紹介します。 湊かなえ『告白』です。. クラス替えなしで2年になった生徒たちの担任になった寺田良輝先生。 森口先生と違って熱血先生で、生徒に親身であろうと努力する姿が滑稽に見える。 愛称で自分を呼ぶことを生徒に求め、初対面の生徒たちを初日から下の名前で呼びかけ、フレンドリーさを必死に演出する。 1. オズランド 笑顔の魔法おしえます。()/玉地弥生 役 4. 出身地 日本 東京都 4. See full list on amada-re. 「告白」 のあらすじを起承転結で短く簡潔に解説!ストーリーのネタバレ注意!→中学1年生3学期の終業式の日、担任である森口裕子は教師を辞めると発表する。原因は、生徒たちにも分かりきったものであった。森口の娘・愛美が中学校のプールで溺死するとい. まずは映画を見てから小説を読むと、告白が持つ複雑なストーリーも受け入れやすくなると思うので、湊かなえさん初心者の人にもおススメです。 以上100人に聞いた湊かなえベスト3でした!.

湊かなえ 告白 映画 結末 Last Letter (年公開予定、東宝)/主演 岸辺野裕里 役 4. See full list on wakatake-topics. 追記)現在まったく更新していないブログへアクセスいただき、ありがとうございます。この記事は、年の映画公開当時、劇場にて一度のみ鑑賞した直後の感想を正直に綴ったものです。ストーリーを巻き戻して見返したりできない中で、当時同じようにもやもやした人たちが書かれていた. 因果応報。全ての始まりは紫織のウソ痴漢から。 紫織は最後にターゲットにした相手が父親の知り合いだったからやめたと語りますが、この最後の被害者の正体は高雄。 これにより高雄は会社をクビになり、表の物語へとつながっていきます。 また、紫織の親友「星羅」の正体は「セーラ」 桜川高校の盗作国語教師・小倉の交際相手だった人物です。 では、なぜセーラは自分で命を絶ったのか? その理由は学校で周囲に虐められていたからでしたが、そのいじめの原因になったのは学校裏サイトに突然書き込まれた悪口でした。 「セーラは援助交際している。相手は盗作男」 敦子が軽い憂さ晴らしのために書いた悪口が、セーラを自ら手首を切らせるまでに追い詰めていたのです。 一方、由紀もそれと知らず不幸のドミノを加速させていました。 紫織の「ウソ痴漢」の話を聞いて自分もブランド品が欲しくなった由紀は、セクハラ男・三条から小遣いを巻き上げようと考えます。 結果、三条は女子高生に猥褻な行いをしようとした罪に問われ逮捕。 そして、実は三条は紫織の父親だったのです。 紫織は父親が逮捕されたことが原因で、学校でいじめられるように。 由紀も敦子も、そんな紫織から離れていきました。 紫織は考えます。 由紀や敦子を恨もうとは思わない。 自分も星羅に同じことをした。 99通来たメールを、すべて無視した。 結局は、他人事だったのだ。 そんなわけで物語は終章の「紫織の遺書」へとつながります。 紫織に注目すれば、自分が「ウソ痴漢」したことが遠因となって父親が逮捕され、自分も虐められるようになったわけですね。 そしてそれを苦にして. とある中学校の1年B組。3月25日の終業式後のホームルーム。 担任の女性教諭 森口悠子は3月で教員を辞めることを告げる。 そして、愛娘が学校のプールで死んだ事件は殺人事件だったと告白する。 その犯人はこのクラスの中に2人いると。 警察は事故として処理したため、今更蒸し返すつもりもないという。 犯人を少年A, Bと呼ぶ森口だが、彼女の告白により犯人が誰なのかクラス中に伝わる。 そして、森口は少年法で守られた 2人の少年に“ある仕掛け”を施して学校を去る。 クラス替えされず、そのまま進級し2年の春を迎える生徒たち。 そこには差別という新しい秩序がうまれていた。 残酷すぎる少年たちの新しい秩序が少年A, B の 2人を追い詰めるが・・・.

春休み前の終業式の日、「私の娘はこのクラスの誰かに殺された」と告白を始めるクラス担任の森口悠子。自分の娘について、自分や娘の父親にあたる人物について、そして娘を殺した犯人について、怒るでも悲しむでもなく淡々と話を進めていきます。 なぜ娘が殺されたことを知っていながら冷静なのか。 なぜそんな告白を始めたのか。 なぜ娘は殺されなければならなかったのか。 ストーリーが進むにつれて娘を殺された森口先生の想い、犯人達の想いに迫っていき、人間の心理や背景を推理していく学園ミステリー映画です。. 松たか子主演の映画「告白」。 106分の作品ですが、冒頭の開始30分は松たか子さんが演じる「森口悠子先生」の告白から始まります。 この30分は長く感じません。 静かな語り口調ですが、ゆっくりと丁寧に力強く、怒りを抑えて語り続けていく姿には鳥肌がたちました。森口先生の覚悟をリアルに感じました。 終業式後のホームルームで滔々(とうとう)と語り続ける森口先生、しかし、明日から春休みで頭の中が一杯な生徒は話を聞かずに喋り続ける。 それでも御構い無しに喋り続ける森口先生は徐々に自分の身の上話を話はじめ、愛娘が学校のプールでなくなったこと、事故ではなく殺人事件であり犯人の少年A, Bがクラスにいること、少年2人にはある罠を施したことを話す。 この告白がこの映画の土台となり、一言一句聞き逃してはいけない。 この後、森口先生こと松たか子さんは画面から姿を消しますが、その存在感は残り続けます。 森口先生を理解している生徒、北原 美月(橋本愛)が森口先生に手紙を通じて語るという手法を用いることで、存在感が消えないのです。 2年に進級したクラスで起きる1つ1つの事件は全て森口先生が不在の状態で進行していくが、確実に少年A, Bを追い詰めていく。 そして、映画の77分過ぎ(残り26分)から松たか子が再登場してくる。 30分の冒頭シーンとはうって変わって感情をむき出しにして、元教え子北原 美月に復讐の手法を告白します。 法律を犯さず、少年法で守られた元教え子に復讐を果たす森口先生。 とにかく怖い。 怖い女性を演じた松たか子の演技が最強にすごかったです。 松たか子さんのファンになってしまったかもしれません。 1. 湊かなえ 告白 映画 結末 そらのレストラン(年1月25日公開予定)/神戸 役 4. 主な映画出演作品 4.

俳優 橋本 愛 2. 主犯・渡辺修也(西井幸人)の母親は、優秀な電子工学系の大学教授だった。修也が生まれた後、彼女は研究の道を選んで、小さな家電店を経営していた夫と離婚している。修也は母親に捨てられたと思っている一方で、自分は優秀な母親の血を受け継いでおり、誰より母に認められたいという思いも強い。 彼は、発明コンテストで自ら開発した作品し、全国大会で賞を獲った。そのコンテストに応募したきっかけは、それがメディアに取り上げられ、母親が迎えにきてくれるのではないか、と考えたからだ。しかし、新聞でその記事よりも大きく扱われたのは、同じ13歳が犯した一家殺害事件だった。修也は失望感に囚われることになる。それがきっかけで、彼は「とある行動」に出る。 彼は同じ組の下村直樹(藤原薫)を誘い、自分が開発した「びっくり財布」(開くと電流が流れるサイフ)を試す相手を探す。直樹は担任・森口の娘がいいんじゃないかと話す。修也は以前ゲームセンターに出入りした罰で、森口に2週間プールサイドの掃除等を命じられたことがあったため、彼女に対する仕返しのつもりで、愛美をターゲットにすることに決める。 愛美は「びっくり財布」の入ったポーチを持たされて、気絶する。直樹は愛美が死んだのではないか、と慌てる。修也は「俺が殺したことをみんなに言い触らしていいよ」と告げて、先にその場を去る。修也は、愛美を自らの工学的な作品で殺め、メディアに取り上げられ、母親に注目されたいと考える。 直樹は、友達と思っていた修也から「お前は出来損ないだ」と言われたことに激昂する。愛美が目を覚ましてまだ生きていることが分かったにも関わらず、彼女をプールに放り投げ、溺死させる。 復讐については、森口のパートナー・桜宮正義(山口馬木也)についての告白で始まる。桜宮も教師で、「世直しやんちゃ先生」としてメディアで取り上げられ有名になったこともある。愛美が生まれた後、彼はHIVに感染していることが分かる。愛美の将来を考えて、2人は結婚しない道を選ぶ。愛美の葬式で、桜宮は号泣した。桜宮は、ついに生きている愛美を抱くことはできなかった。森口はホームルームで、彼の血液を、犯人2人の牛乳に混ぜ、飲ませたと告白する。それこそが、復讐劇の始まりだった(実際には、自分の血液を採取するという不穏な動きを見せた森口の行動をみつけた桜宮が、血液混入の牛乳を回収し、未然に防いで. 心がざわつく!復讐を決意した女教師による命の授業 画像引用元 (Amazon) 映画『告白』は、年に公開されたミステリー・サスペンス作品です。 原作は、人気作家・湊かなえのデビュー作にしてベストセラー小説の『告白』。 発売された年には小説推理新人賞、翌年には本屋大賞など. 泣き虫しょったんの奇跡()/鹿島澤佳子 役. 生年月日 湊かなえ 告白 映画 結末 1976年4月10日 3. 湊かなえ 告白 映画 結末 映画「告白」なーんてね、についてなぜ皆さん爆弾が爆発されたと思うんですか?森口が「爆弾は簡単に解除できた」とか解除のシーンでハサミいれるとかあったと記憶してるの ですが、間違っていますか?. 家族のはなし(年)/主演・小林拓也 役 4.

北原 美月(きたはら みづき). 松たか子さんが演じる森口悠子の残忍で狂気に満ちた復讐劇が見せ場ではあるが、演じきった演技力というか表現力に脱帽しました。 改めて俳優さんはすごいなと思います。 そして、俳優の魅力を引き出した中島哲也監督もすごい。 映画作りにはもちろん、製作や撮影、音楽・音響、ライト、衣装いろんな要素があって表現できるものだけど、最後にまとめた監督はやっぱり大事だと思うんですよ。 松たか子さん、中島哲也監督共にファンになりました。 映画「来る」もよかったですが、今後の作品にもすごく期待したいと思います。 以上、『映画「告白()」原作:湊かなえ(中島哲也監督、主演松たか子)レビュー』でした。 最後までお読みいただきありがとうございました。 面白かったら、いいね、シェア、ブログへのリンクもお願いします。. 今回は『カケラ』湊かなえ最新作の結末や感想は?というタイトルでお送りします。 『告白』、『夜行観覧車』などの小説の作者である湊かなえさんの最新作『カケラ』が5月14日に発売されました! 既刊の小説は映画化やドラマ化もされており、ストーリーもどんどん引き込まれる面白さです. 映画「告白 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。告白 のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。この映画のカテゴリーは サスペンス映画 です。. 映画【告白】は、湊かなえさんのデビュー作、年に刊行された同名小説が原作。 原作の第一章「聖職者」が小説推理新人賞を受賞し、週刊文春ミステリーベスト10でも第1位に。. 俳優 岡田 将生(おかだまさき) 2. 生年月日 1977年6月10日 3.

湊かなえ 告白 映画 結末 。 夏休み明け。由紀・紫織・敦子が一緒にいる。 紫織が高いブランドバッグを持っていることに気づく2人。 どうやって買ったかと尋ねられ、紫織は「ウソ痴漢したから」と答える。 示談金でけっこう稼げたという。 例の亡くなった親友もウソ痴漢をしていたが、その子は相手にハマって交際に発展したそうだ。 放課後。由紀と敦子は紫織を映画に誘うが、断られる。 「毎月この日は星羅のお墓参りだから」 由紀はその言葉にかすかな違和感を覚えたのであった。 さて、それではいよいよ「少女」裏の物語のネタバレ解説です。. 出生地 東京都 4. 巻末には、「「告白」映画化によせて」と題して、中島哲也監督へのインタビューを収録している。 映画化.

寺田 良輝(てらだ よしき). ひとつの事件を、5人の視点から描く小説です。この手法は、宮部みゆき氏の「模倣犯」を思い出させます。「模倣犯」と同じく、事件の概要と犯人は最初に語られます。犯人捜しのミステリーではなく、復讐劇とそれに関わった人々の心象の物語です。被害者と加害者そして第3者といった人物. 湊かなえさんの小説「少女」は年に発表されました。女子高生の話ですが、原作小説の結末はかなり衝撃的です。「因果応報」がやってきます。小説は遺書から始まって遺書に終わります。最後は張られていた伏線がきれいにはまってイッツアスモールワールド的に収束。だけど湊かなえ. 映画・少女のあらすじをネタバレ解説!イヤミスの代表作家である『湊かなえ』が書いた原作小説を元に映画化された作品ですが、結末では「因果応報」により印象深いものとなっています。じっとりとした読書感を彷彿とさせる本作は、様々なきっかけによって展開された物語によって. 文庫本では、映画監督の中島哲也氏のインタビューが掲載されています。 文庫: 320ページ 出版社: 双葉社 (/4/8) ISBN-13:発売日: /4/8 *もくじ* 第1章 聖職者/第2章 殉職者/第3章 慈愛者/第4章 求道者/第5章 信奉者/第6章 伝道者 ******. パパはわるものチャンピオン()/大村詩織 役 4. 湊かなえさんのデビュー作でありながら、 年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、第 6 回本屋大賞の第1位を受賞した超ベストセラー小説です。年には、松たか子さん主演で映画化され話題になりました。.

日本でも人気のミステリー作家・湊かなえさんですが、実は海外でも人気があります。 年英語版『CONFESSIONS』がアメリカ・イギリスなどの英語圏で出版され、海外でも高く評価されました。 「映画『ゴーン・ガール』のようで、大きな衝撃を与える作品だ」(ロサンゼルス・タイムス) 「日本の社会の闇にスポットライトを当てている」(パブリッシャーズ・ウィークリー) 年には、全米図書館協会が1年に一度贈る「12歳から18歳までのヤングアダルトに特に薦めたい大人向けの本10冊」であるアレックス賞を受賞。同賞の受賞は、日本人初となりました。. 白ゆき姫殺人事件の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「告白」「贖罪」の湊かなえが年に発表したサスペンス小説を. 生年月日 1989年8月15日 3.